2007年03月03日

レーシック施術クリニック

最近話題の視力回復法・レーシック。
レーシックはここ数年間で新たな視力回復手術として知られるようになりました。
「レーシック」で検索すれば、様々なレーシック体験談、レーシックの失敗や後遺症に対する不安、東京、大阪、名古屋など全国各地のレーシック施術クリニック情報が見つかると思います。
また、多くの生命保険、医療保険でレーシックが手術給付金の対象となっています。あなたの入っている保険次第では格安でレーシック手術を受けれるかもしれません。自分の保険はレーシックが手術給付金の対象になっているか1度チェックしましょう!

メガネ、コンタクトって疲れるし、肩は凝るし、嫌ですよね。
スポーツを思いっきり楽しみたいけどメガネだし…という方や、体質的にメガネ・コンタクトが合わないという方はたくさんいると思います。

そんな人におススメなのがレーシックです!

当ブログでは、信頼できるクリニックを紹介しています。


品川近視クリニック

 

・料金:キャンペーン中につき、両眼18万8千円
・所在地:東京都中央区銀座5-2-1 銀座東芝ビル5F
・最寄り駅:JR有楽町駅「銀座口」から徒歩2分
・備考:2005年トップイントラレース賞受賞
    交通費・宿泊費負担制度あり
    安心の3年保障…施術後三年間は無料で追加矯正手術可
    金利0%ローンまたは60回分割払い
    スーパーイントラレーシック適応検査無料
    ホームページに1万円割引クーポン券あり

レーシックを超えた視力回復法!最新イントラレーシック。
イントラレーシックとは、従来のレーシック治療より、安全性・確実性がさらに増した最新レーシック視力回復術です。
手術時間は両眼でおよそ15分、入院不要で手術後に少し休憩した後帰宅可能。
術後の平均視力は1.61で、98%の方が1.5以上の裸眼視力まで回復しています。症例数は98,284(平成19年2月28日現在)
スーパーイントラレーシック、エピレーシック、フェイキックIOL、イントラ角膜リングの施術を行っています。

img5839.gif
詳細・資料請求は品川近視クリニック



神奈川クリニック



・料金:両眼40万円〜
・診療時間:9:00 〜 21:00(※) 年中無休
・所在地:新宿、大阪
・最寄り駅:新宿…地下鉄(東京メトロ) 丸ノ内線 西新宿駅直結 徒歩2分
      大阪…JR東西線 北新地駅 徒歩5分、JR大阪駅(中央口)徒歩10分
・備考:完全予約制
    交通費・宿泊費負担制度あり
    各種割引あり
※新宿CR-LASIKセンターでは、一部夜22時まで診療

神奈川クリニック眼科は開院から5年以上、「レーシックの父」パリカリス博士を手術顧問に迎え、クリーンルームで16,500症例以上の治療実績を誇る、安心と信頼のクリニック。
イントラレーシック、エピレーシック、LASEK、フレックスPRK、フェイキックIOLなど、日本眼科学会認定の眼科専門医がひとりひとりにベストな治療法を選んでくれます。

img5839.gif
詳細・資料請求は神奈川クリニック眼科




眼科松原クリニック



・料金:両眼36万円〜
・診療受付時間:月〜土/11:00〜19:00(水曜定休)
        日・祝/12:30〜17:30
・所在地:東京都豊島区南池袋2-26-6 島倉ビル7F
・最寄駅:池袋駅東口「西武百貨店 化粧品売場出口」から徒歩2分

眼科松原クリニックでは、院長だけで近視手術8,000症例の実績があります。
レーシックはもちろん、PRK、LASEKなど、一人ひとりの眼に合った施術法を紹介してくれます。
手術後のアフターケアも重要なので、カルテは10年以上保存。
1週間のレーシック患者は10組限定です。
それは、院長自身がしっかり診察し、じっくりフォローするコンサルティング・レーシックを大切にしているからです。


レーシックに少しでも興味を持った方は、資料請求をおススメします。
レーシックのことがよくわかり、クリニック選びにも役立つと思います。
資料請求(無料)のあるクリニックはコチラ↓
品川近視クリニック 
神奈川クリニック眼科
posted by シャープ at 17:32| Comment(5) | TrackBack(9) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

レーシックの種類

一言で「レーシック」と言ってもレーシックにはいくつか種類があります。
ここでは代表的なレーシックをいくつか紹介します。


●レーシック(LASIK)
・一般的にレーシックと言ったらこれを指す
・マイクロケラトームでフラップ(角膜上皮のフタ)を作り、フラップをめくってエキシマレーザーを照射する


●イントラレーシック(Intra-LASIK)
・レーシックとは違いフラップを作成するときにマイクロケラトームを使わず、イントラレースFSレーザーを使うのでフラップ作成時の安全性が高い
・術後のドライアイ発生率が低い
・術後の平均視力が高い(品川近視クリニックにデータあり)


●ウェーブフロントレーシック(Wavefront-LASIK)
・これまで解析不能だった収差、不正乱視を解析できるため、より質の高いクリアな視界が得られる。
・フラップ作成時はマイクロケラトームを用いる
・イントラレーシックやエピレーシックと組み合わせた施術も可能


●エピレーシック(Epi-LASIK)
・薄いフラップを作成できるため、角膜の薄い人でも施術可能
・強度近視の方にも対応
・フラップを角膜上皮部分のみで作成しているためフラップの回復力が高い。
  そのため激しいスポーツをする方にも適している。
・フラップ作成時はエピケラトームを用いる。


レーシックを受けられるクリニック情報

posted by シャープ at 20:03| Comment(15) | TrackBack(5) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックについて

レーシックとは、コンピュータで制御されたエキシマレーザーを目に照射し、角膜の形状を変化させて近視、遠視、乱視を矯正する手術のことです。
レーシックはその安全性の高さ、手軽さ、手術効果の高さで、現在アメリカで年間130万症例を超えるほどの人気を集めています。
アメリカでは1995年にエキシマレーザーがFDA(アメリカ食品医薬品局)で認可され、それから爆発的に普及していったそうです。
日本でも90年代にレーシックなどの屈折矯正手術が行われるようになりました。
有名人でもレーシックを始めとした近視矯正手術を受けた方は多数います。
西武の松坂大輔選手、ゴルフのタイガーウッズ選手、テコンドーの岡本依子選手、俳優のブラッドピットさんなど、名前を挙げれば限がないほどです。
レーシックの歴史はまだまだ浅いですが、「近視大国」日本ではこれからさらにレーシックは普及していくでしょう。


レーシックを受けられるクリニックはコチラ 

posted by シャープ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(1) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

レーシック関連本

レーシックを受けるに当たり、患者側もレーシックに関する知識をある程度持っていなければならないし、
レーシックについてしっかり理解していれば安心して手術を受けられると思います。
ここではレーシック施術前に読むに当たって役に立ちそうな本を挙げてみました。



近視手術の前にゼッタイ読む本(税込 1,260 円)





4人の眼科医による「正しい近視矯正治療の受け方」(税込 1,365 円)



眼科医が受けたレーシック(税込 840 円)





レーシック治療のウソ、ホント(税込 1,365 円)



レーザーでよみがえる視力(税込 840 円)

信頼できるレーシック施術クリニック情報はコチラ
posted by シャープ at 14:14| Comment(2) | TrackBack(1) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。